良質の材料を生かした 建築空間 main_img
スケッチ

数寄屋建築という職人の世界を選んで本当に良かった。

今日迄約400年の工夫を重ねてきた数寄屋建築を見て思いますのは様式化された書院建築と違って自由な意匠を用いながら何とも言えない「自然」の雰囲気を感じる事です。様々な材料を自然の中にあるがままに見せる工夫が必要。素材の生命を生かしてやる事が大切です。工事完成後に御施主様の笑顔を拝見させて頂く時が私達の至福の時です。

御数寄屋工舎 代表 三宅 劭

Phone・Fax:075-934-5227
〒601-8212
京都市南区久世上久世町542-423